初の海外旅行でVIP待遇

初の海外旅行でVIP待遇

もう25年近く前の話になりますが、初めて行った海外旅行がハワイでした。毎年夏休みにハワイに行っているという先輩に誘われて同僚ら男女5名ほどで行きました。

 

先輩の同級生が仕事でハワイに居るということで、滞在期間中ずっとその人に島中を案内してもらえました。観光地選びや食事の予約などすべてお任せで、特に現地の人しか行かないような場所に数多く連れて行ってもらえたのがいい思い出になっています。

 

ある夜ディナーに連れて行ったもらったステーキハウスでの出来事です。コース料理で前菜からかなりのボリュームで料理が運ばれて、メインのステーキまでに食べきれないくらいになっていました。

 

それでも現地では評判の店と言うだけあってステーキは最高に美味しかったです。たらふく食べて一息ついていると、ウエイターの男性が花束を持ってテーブルにやって来ました。どうやら「はるばる来てくれた日本の女性へ」という感謝の気持ちを伝えたかったようです。

 

さすがハワイはやることがオシャレと感心し、「男性には無いもないのか?」と質問すると「君らにはこれをあげるよ」と言って笑いながらレシートを差し出しました。これには全員大爆笑、こうしたジョークもさすがと思わせるものでした。

 

他にも日本人がほとんどいない海水浴場やショッピングセンターに連れていったもらい、ハワイらしい雰囲気を味わうことが出来ました。ハワイに行ったことがある人に聞いた話では、たいていの店で日本語と日本円が通用するのであまり海外らしさが感じられないとも聞いていたので、こうした現地の人しかいない場所に行けたのもいい経験だったと思います。

 

その後も何か所か海外旅行に行きましたが、やはり英語が話せたり現地に詳しい人が一人いるのといないのとでは、旅行の楽しさが大きく違うと実感しました。何せ初めての海外旅行が大名旅行のような待遇だったので、この時のハワイ旅行以上の満足感は未だに味わえていません。